レーザー脱毛ができない箇所は?

無駄毛の処理方法について


無駄毛を処理したいと言う毛の悩みを持つ女性は少なくないかもしれません。無駄毛の処理方法は、脱毛と除毛等があり、脱毛は毛を毛根から処理して取り除くことを言い、除毛は肌の表面に出ている毛を処理して取り除くことを言います。脱毛は毛根から毛を取り除く分除毛に比べて処理する頻度が少なくすみます。除毛はカミソリやクリームで毛の処理をするので脱毛に比べて費用は安くなる傾向にあります。カミソリやクリームの他にも様々なムダ毛の処理道具があり、例えばレーザー脱毛があり、レーザー脱毛は家庭用も専門家用存在します。家庭用と専門家用の違いは脱毛能力が違い専門家用の方が脱毛能力が高く、これは、専門家用の場合は専門スタッフが行うので安全性が確保されているからです。脱毛する方法として他には、光脱毛がありますが、レーザー(医療用)よりは効果がマイルドで減毛・抑毛効果になります。

レーザー脱毛は専門家に任せるとメリットが多い


レーザー脱毛ができない部分は、毛髪や鼻等です。これらの部分はレーザーが強く反応してしまうことがあり、レーザー照射後に炎症が起きる、または、色素沈着等の皮膚トラブルが起きてしまうことが理由になります。その他、ほくろや色素沈着している所もできない場合があります。これらの所は、家庭用でも医療用でも脱毛ができない所になります(医師の目視判断で可能な場合はあります)。また、家庭用を使用して自己処理する場合は、自分の手が届く範囲しかできませんので、背中とかはできません。クリニックやサロンは専門家スタッフが行うので、自分の手が届かない部分を処理できます。また、専門家が行うので、効率良くミス無くを行えて綺麗な仕上がりになる傾向があります。専門家が行った方が余計な炎症等の肌トラブルを少なくできることも期待できると言えます。